遺品整理はいつ頃するのか?

大事な人が亡くなって、その悲しみの中、残された者達は通夜式や葬儀などしなくてはならないことがたくさんあります。

悲しみに浸る間もないくらい、忙しい時間を過ごすという方もいるかもしれません。

やらなくてはならないことを一通り終えた後で、ふと心の底から悲しみがわき上がってくるのを感じるという人もいるでしょう。

そんな遺族が次にしなくてはならないのが遺品整理です。

遺品整理に期限はありませんが、部屋を借りていたりしていた場合、部屋を引き渡さなくてはならないということもありますので、急かされてしまうこともあるかもしれませんね。

場所の問題が無い限りは、遺品整理というのはこの日までにしなくてはならないということはありません。

49日の法要を迎えるまでは特に急いでするという必要はないでしょう。

49日の法要までは、故人を偲び、思い出のある遺品をそっとしておくといいでしょう。

心の整理も段々とつくことと思います。

ただし、49日の法要を終えたら、徐々に気持ちを切り替えていきましょう。

遺品をいつまでもそのままにしておくというのは、故人にとっても悲しいかもしれないし、残された人たちにとっても心の整理がつかないということもあるので、悲しみを落ち着かせるためにも、遺品整理の時間を作ってみるといいでしょう。

遺品整理というのは、いつまでにしなくてはいけないという決まりはありませんが、49日の法要を境に少しずつ始めて行くと良いでしょう。

Comments are closed.